豊田真之
豊田 真之Masayuki Toyota

1986年生まれ、神奈川県出身。小学生の頃、同級生に誘われThe Vneturesのコピーバンドを結成したことを契機として、ギターを弾き始める。

2008年より早稲田大学映画研究会に在籍。自分でも映像作品を作りながら、複数の他監督作品においてサウンドトラックを制作。

2011年、音楽を担当した短編映画「ふたつのウーテル」で第64回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門にノミネートされる。

2012年、東京芸術大学大学院映像研究科修了。共同作曲・録音・パーカッションを担当した修了制作展ウェブサイト「MEDIA PRACTICE 2011-2012」が第16回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出される。

2013年4月より、NHK Eテレ「考えるカラス ~科学の考え方~」で音楽と歌を担当。

2014年、大学院研究室の同期で共同監督した短編映画「八芳園」で第67回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に再びノミネートされる。

2017年7月、第65回朝日広告賞において、「はとバス 朝日新聞一周ツアー」で準朝日広告賞を受賞(平瀬健太郎・木村優作・クリハラタカシと合作)。

2018年、共同監督および音楽を担当した短編映画「どちらを選んだのかは分からないが、どちらかを選んだことははっきりしている」で第71回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に三度ノミネートされる。

様々なメディアにおいて音楽・映像を制作しながら、SPORTS MEN(ex-豊田真之トリオ)、CANOPUS inc.、c-projectのメンバーとしても活動中。

 

Mail : masayuki@spnc.jp

twitter : @tyt_msyk